ヒッチハイク旅行16日目〜ウィーンからブダペストへ〜

日本人とお別れをし、ホステルをチェックアウト。日本にいたら絶対会えないような人と昨日は一日中話せて面白かった。

今日は二日酔いだったのもありヒッチハイクをするのはだるいなと思い、バスでブダペスト(Budapest)に行くことに。

IMG_2501.JPG

20ユーロを支払い、3時間かけて到着。

IMG_2506.JPG

心配になるぐらいボロボロなメトロの電車、ドアの開閉の度に響く爆音。西欧との差を感じざるを得なかった。

何も調べず来てしまったので、とりあえずブダペストの中心地に向かい、マックのWi-Fiを使って1泊1000円のホステルを予約。

ホステルに着き、超丁寧で愛想の良い受付のお姉さんから説明を受ける。ホステルって悪いイメージを持ってる人も多いと思うんだけど(私はそうだった)、実際に行ってみるとどこのホステルもみんな感じのいい人ばかりで、部屋も全く汚くないし色んな国の人と出会えるし良いこと尽くし。

部屋に入ると韓国人っぽい女性が話しかけてきて、私にいきなり「韓国人?」と聞いてきた。「日本人だよ」と答え、「どこ出身?」と訊くと、台湾出身だと言う。
お互いに韓国人だと思っていたらしい。 アジア人あるある。

ブダペストの有名な温泉に行こうと思い調べてみたのだが、ルダシュ浴場(Rudas Baths)は18時までということで間に合わず。明日にでも行こうと思う。

ハンガリー料理を食べたいなと思い適当に街をぶらついてみた。

IMG_2509.JPG

暗い路地が多い。

良さげなレストランを発見し

IMG_2521.JPG

入店。

IMG_2511.JPG

まずはハンガリーのドレーハービール(Dreher Bak)

IMG_2512.JPG

続いてハンガリーの伝統料理、グヤーシュ(Gulyás)

IMG_2514.JPG

牛肉とタマネギ、パプリカなどから作られるシチュー。ボリューミーで美味しい。

同時にパンもたくさん出されたので、「スープに漬けて食べるものなのか」と店員さんに確認してみると、「漬けるのではなく、別々に食べて口の中で一緒に味わってね!」と優しく教えてくれた。パンを全部食べ切り、メインが控えているのに既にお腹いっぱい。少し前にマックでチキンバーガーを2つ食べていたのを忘れていた。

そしてメイン登場。ハンガリアンステーキ(Hungarian steak fillet with ratatoui and and homemade steak potatoes)

IMG_2516.JPG

超美味しかったなー。

更にパンも追加で出され

IMG_2517.JPG

満腹中枢臨界点突破。二郎大を超えた。
会計はクレジットで支払おうと思っていたのだが、現金のみだと言われた。危ない。両替しといてよかった。ちなみにハンガリーではユーロが使えるところもあるのだが、基本はForintという物価の安いハンガリーで合計約3000円という豪華なディナーを頂きました。

その後も少し街を歩き

IMG_2522.JPG

本日は終了。イギリス行きの飛行機を今日取ったので、明日から2日間ブダペストを観光して土曜日に帰ります。さすがに3日後発の航空券は割高だったが仕方がない。

そして今日、4日前のブログで紹介したヒッチハイカーのフレッド君の写真がイゴルさんからFacebookで送られてきた。

IMG_2523.JPG

彼とはまた世界の何処かで会えそうな気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください