「旅行」カテゴリーアーカイブ

ロンドン旅行3日目

3日目は衛兵交替を見に、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)へ。


半年間イギリスにいたにも関わらず、この交替式の存在すら今まで知りませんでした。
IMG_1717.JPG
こんなに観光客集まるんですね。

IMG_1705.JPG

その後、祖母の元ホストスチューデントの日本語ペラッペライギリス人とBig Benで落ち合い、ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)の近くでランチ。

IMG_1723.JPG

「直訳できないこの日本語、英語にどう訳したらいいんだろう」って時に、それを正確に答えられる人ってバイリンガルか、日本語のわかるネイティブしかいないと思うのですが、今日はその両者がいたので非常に勉強になりました。
そこでネイティブに直接確認した、訳しにくい日本語を2つだけご紹介。

【面倒くさい】
イギリス英語 : I can’t be bothered.
シンガポール英語 : So troublesome.

「面倒」を辞書で引くと、troublesome, tiresome, bothersomeの3つがまず出るのですが、シンガポール人はtroublesomeをよく使うみたい。イギリス人はこの3つももちろんわかるけど、一番使う頻度が高く、そして一番意味が近いのが I can’t be botheredだそうです。

【(今日の予定は?に対しての)暇】
イギリス英語 : Nothing special.
シンガポール英語 : Nothing much.

ここでもイギリスとシンガポールでは若干の差がありますね。

夜は、伯母さんの若き頃の話をたくさん聞き、私はそれに感化され、残りの留学期間は語学学校を休む、若しくは辞めて、ヨーロッパ旅行をすることを決意。そして、日本でしようと思って機会を逃してしまったヒッチハイクを、ヨーロッパで3週間ほどしようと思います。

ヒッチハイク、絶対楽しい。

IMG_1734.JPG

IMG_1735.JPG
深夜2時、突如大音量の非常ベルがホテル中に鳴り響き大パニックになり、全員パジャマで外に避難した時の写真。


ロンドン旅行2日目

2日目はOxford Streetでショッピングをし、近くのパブへ。ロンドンのあまりの物価の高さにみんな驚いていた。IMG_1684.JPG

夜はオペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)のミュージカルを観にピカデリーサーカス(Piccadilly Circus)に。
Her Majesty’s Theatreという劇場で観たのですが…
IMG_1695.JPG

IMG_1691.JPG

まさかの2列目、最高。
マンマミーアに続いて2回目のミュージカルだったのですが、ミュージカルの素晴らしさは言葉では伝わらないものだと思います。なので、ロンドンに行ったら必ずミュージカルに行くべし、としか言いようがありません。英語が聞き取れなくても楽しめます。

ミュージカルの後はグロスタースクエア(Gloucester Square)の近くにあるGreendoor Steak Houseでディナー。

IMG_1699.JPG

IMG_1700.JPG

日本米食べたい。


ロンドン旅行1日目

8日から母と祖母と伯母と従姉妹がイギリスに来ていまして、一緒に1週間旅行をしています。祖母は日本でイギリス人のホストファミリーをしていた経験があり、伯母はシンガポール住み、従姉妹はハーフでトリリンガルという意外にグローバルな親戚達。

私は今住んでいるシーフォード(Seaford)から電車でロンドンへ。IMG_1665.JPG

ロンドンに着いてから時間があったのでレスタースクエア(Leicester Square)に一人で行ってみたら、London Film FestivalというのがODEONの前で開催されていた。

IMG_1670.JPG

そしてそこにはレッドカーペットが。セレブな俳優女優が大勢歩いていたのですが、今ハマっているSHERLOCKの主演であり、私の唯一知っているイギリス人俳優であるベネディクトカンバーバッ(Benedict Cumberbatch)が登場。

IMG_1676.JPG

なんの情報もなしに偶然生で見れたことに感動。

レスタースクエアを後にし、グロスタースクエア(Gloucester Square Compilation)で親族と半年ぶりの再会。久しぶりの日本食を思う存分貪り、1日目は終了。

IMG_1678.JPG