「読書」カテゴリーアーカイブ

【年間100冊ぐらい本を読むぼくが選ぶ、今年読んで面白かった本ベスト7】

久しぶりの更新です。今年はお仕事、麻雀、たまに読書の毎日で、完全にブログサボってました。
今日は大晦日で暇なので、今年読んだ本の紹介でもしようと思います。

【年間100冊程本を読むぼくが選ぶ、今年読んで面白かった本ベスト7】

7位 辻堂ゆめ『いなくなった私へ 

「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞受賞作。
ぼくの仲の良い友達の友達が書いた小説で、発売前から気になっていました。複雑な設定にもかかわらず、しっかり伏線を回収しているところが素晴らしい。

『5分で読める!ひと駅ストーリー 旅の話』に入っている、辻堂ゆめさんの「星天井の下で」という作品もオススメです。

たまには青春系の話もいいねぇ、なんて思いながら読み進めていると、思いっきり裏切られます。僅か8ページの短い物語に、あれほど引き込まれたのは初めて。

辻堂さんのこれからの活躍に期待しています。

6位 伊藤計劃『虐殺器官』

SFを全然読んだことがないぼくにとって、この作品はあまりにも衝撃的でした。圧倒的な世界観。人工筋肉のリアルな描写が、今でも脳内に鮮明に映し出されます。

5位 福地誠&みーにん『統計で勝つ麻雀』

世の中に麻雀の本は腐るほどあります。
多くの本では当たり前のように、「ツイてるときは〜」とか「ノッているときは〜」などといったワードが出てくるんですよね。

残念なことに、現実にそんなものはありません。”運”や”ツキ”や”流れ”というのは、あくまで結果論なのです。

昔ながらのオカルトを一切断ち切り、ネット麻雀天鳳の膨大なデータから導き出した戦術を1冊にまとめたこの本は、100%デジタル打ちのぼくにとって正に求めていた作品でした。

麻雀が強くなりたい人は必読です。

4位 サイモン・シン『暗号解読』

『フェルマーの最終定理』で有名なサイモン・シンさんの作品。
専門的な知識を、一般人に理解できるように噛み砕いて説明する力量がすごすぎます。
また、青木薫さんの訳し方も素晴らしく、非常に読みやすいです。
直訳感がありすぎて読みにくく、途中で諦めてしまう本って結構多いんですよね。訳が下手くそなせいで読む気が失せてしまった本が、今年だけでも10冊ぐらいはあるような気がします。

青木薫さんの書く文章は、そんな直訳感を一切感じさせないところが最高ですね。

3位 FUKUDA(W) 『消しゴムをくれた女子を好きになった。』

ぼくは基本的に恋愛小説は読まないのですが、これだけは別物。男なら誰でも経験するであろう厨二感や童貞感満載で、最初っから最後までめちゃくちゃ笑えます。
相当脚色されてるにしても、実話を元に作られたってところが良いんですよね。
ラストは圧巻。

2位 道尾秀介『カラスの親指』

道尾秀介さん独特の、程よい気持ち悪さにハマりました。
『ラットマン』も『片目の猿』も面白いんだけど、個人的には『カラスの親指』が一番でしたね。どの作品もうまーく読者にミスリードさせて、騙してくる感じがたまらない。
どんでん返し系最高峰だと思います。

1位 藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』

正直載せるか迷いましたが、1位はこれしかないでしょう。今年話題沸騰となった恋愛工学の小説。ネットでは批判の嵐だけど、内容的に無理もない。小説よりも圧倒的に週刊金融日記の方が面白いんだけどね。

これを機に、また気まぐれでブログを更新するかもしれません。よろしくお願いします。


今月読んだ本一覧 2014年10月〜本を読まない人はサルである〜

英語の勉強に飽きてしまったので、ついに今月から日本語の本を解禁しています。
気楽に買えてどこでも読めるKindle(iPhoneのApp)の便利さにハマり、今月は17冊電子書籍を購入。
既に読み終えた10冊を一気に紹介したいと思います。

⚫︎ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!

ホリエモンとオタキングこと岡田斗司夫さんの対談本。
詳しい感想はこちら

⚫︎ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った

ホリエモンが刑務所で1000冊読んだ本の中から厳選した42冊を紹介したもの。

⚫︎嫌われる勇気

哲人と青年の対談形式によるアドラー心理学についての本。生き方が変わるであろう一冊。
詳しい感想はこちら

⚫︎起業のリアル

田原総一郎と16人の若手起業家による対談本。最後のホリエモンとの特別対談が最高。

⚫︎首折り男のための協奏曲

いくつかの短編を一つにまとめたもの。伊坂ファンは必読でしょう。
しかし私の独断と偏見による伊坂幸太郎ランキングではこの順位。
IMG_2366.PNG

⚫︎本は10冊同時に読め!

読書のモチベが上がります。これを読了後からは同時読みを実践中。成毛眞さん大好きです。

⚫︎就活・転職でもやもやしたら読む本

前半は電通を退社しトレンダーズに入社したはあちゅうさん生き様、後半は霜田明寛さんの対談形式。Kindle版は現在なんと175円。買いです。

⚫︎ヒストリエ(1)(漫画)

寄生獣で世を震撼させた岩明均さんが、漫画家としてデビューする前から暖めていた物語。紀元前の歴史漫画です。

⚫︎30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

エスグラントの起業から倒産、それから再起までのお話。こんなに良い本はなかなかない。他の本との同時読みなどできず一気に読んでしまった。起業の本質を学べる一冊。杉本さんに感情移入すぎて終盤は涙を流しながら読んだ程だった。

最後に、

⚫︎ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

これは電子書籍ではないのですが、唯一イギリスに持ってきた言わば私のバイブルなようなもので、今月改めて再読しました。ヒッチハイクを始めたのはこの本の影響でもあります。

今月は良書に出会えすぎた。他にも読みたい本はたくさんあったのだけど、電子書籍化されてないため読めないものが多く、今Amazonの欲しい物リストに読みたい本がドッサリ溜まっている状況。日本に帰ったら一気に取り寄せます。

本1冊から得られる情報量はネットとは比べ物にならない。それは1つの分野に特化しているからであり、また一人の人間の考え、人生を数時間で体験できてしまうからである。

しかしまだまだ読書量が足りない。特にヨーロッパを旅行していて、歴史の分野に恥ずかしいぐらい疎いことを実感した今月。月20冊は読みたいな。

どんなジャンルでも構いませんのでお勧めの本があればいつでも教えて下さい。必ず読みます。


ヒッチハイク旅行10日目〜ママピルツさん〜

今日はママピルツさんの家に招待されていたので、ホステルをチェックアウトして向かった。

ウィーンの中心地から徒歩圏内。迷わず到着。

約束通りの時間に着くと、「よく迷わずに来れたね!すごい!」と言われたけれど、オフラインでもGPS機能が使えるGoogle Mapsのおかげです。

着くとすぐにスープを出してもらい

IMG_2354.JPG

ウィンナーとパン、日本のお茶、ケーキまで出してもらった。

IMG_2355.JPG

IMG_2357.JPG

てかウィンナーの名前って、オーストリアのウィーンで作り始めたことに由来しているんですね。知らなかった。

食事を振舞ってもらったあとはこの部屋を自由に使っていいよと紹介され

IMG_2358.JPG

IMG_2365-1.JPG

最高すぎる。

そして超日本贔屓。

IMG_2359.JPG

ラップトップも貸してもらい

IMG_2364.JPG

ドイツ語バージョンなのでQwertyならぬQwertz配列。

そのあと映画を観に行こうと言われ映画館にも連れて行ってもらった。

夜は日本食のレストランにも連れて行ってもらい

アサヒビールとママピルツさん

IMG_2361.JPG

うな重

IMG_2362-0.JPG

親子丼も食べて満腹。またご馳走になってしまった。ありがとうございます。

Wi-Fiが使えなかったので夜は溜まりに溜まっている本を読んで夜を過ごした。

はあちゅうのさん「就活・転職でもやもやしたら読む本」読了。今Kindleで超安いので是非。

けんさんに勧められた、今話題の寄生獣の作者でもある岩明均さんの「ヒストリエ(1)(漫画)」も読了。歴史漫画です。

そして、杉本宏之さんの「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」も読了。起業の本質を知れる一冊。

ネットが使えないとこんなにも読書が捗るとは。


【必読本】嫌われる勇気 (岸見一郎&古賀史健)

「嫌われる勇気」
読み応えがあるのでじっくり時間をかけて読んだのだが、読んでいる途中から早くも人生に対する考え方、他者とどう接するかという世界観が変わり、読みながらもそれを実行し、今まで体験したことのない幸福感をすでに感じている。頭がおかしくなったわけではない。この考え方を知る前と後とでは、世界が全く違って見えるのだ。あまりに良書だったので読み終わって即再読。こんな読書経験は初めてだった。

「嫌われる勇気」とインパクトのあるタイトルだが、これはアドラー心理学についての本である。アドラー心理学とは、フロイト、ユングと並び心理学の三大巨頭と称される、アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の思想である。この本は、「人は変われる 、世界はシンプルである 、誰もが幸福になれる」と、変な宗教かと疑いたくなるような持論を唱える哲人と、その間違った理想論を論破しようと真っ向から立ち向かう、読者の視点に立った青年の2人による対話形式で書かれている。

物語はトラウマの否定から始まる。
青年の友達に、何年も自室に引きこもっている男がいた。彼は外に出たいと思っているし、できることなら仕事を持ちたいと思っているが、なかなか自分を変えることができない。彼が外に出られなくなった原因は、虐待を受けて育ったという家庭環境にあるかもしれないし、学校で虐められた経験があるのかもしれない。このように、過去にトラウマなり何なりの原因となる出来事があったと考えるのは普通だろう。あらゆる結果の前には原因があるという考え、これを原因論と呼ぶ。
しかし、アドラー心理学ではこれを否定し、人は過去の原因に突き動かされるのではなく、自らの定めた目的に向かって動いていくと考える。この引きこもりの男は「不安だから外に出られない」のではなく、「外に出たくないから、不安という感情をつくり出している」のだ。つまり、「外に出ないという目的が先にあって、その目的を達成する手段として、不安や恐怖といった感情をこしらえている」と考えるのである。これを目的論と呼ぶ。
このような常識を根本から覆すような主張が続いていく。

アドラー心理学を自分の性格に当てはめて考えて、自己分析をしてみた。
途中まで読んだ時点では、私はアドラー心理学が特別な考えであると感じることができなかった。「怒りとは出し入れ可能な道具である」や、「もしも自慢する人がいるとすれば 、それは劣等感を感じているからにすぎない。」という主張があるが、これも説明はできなくとも経験則でわかっていたことだからだ。この本を読む前から、私は嫌いな人はいないけど、自分のことを嫌いたい人は勝手に嫌ってくれて構わなというスタンスで今まで生きてきた。嫌われる勇気もすでに持っていた。

課題の分離というアドラー心理学の重要なテーマの中で、勉強することは子供の課題であり、親が子供に「勉強しなさい」と命じるのは、他者の課題に対して土足で踏み込むような行為である、と論じられている。世の中の親たちは「あなたのためを思って」という言葉を使い、子供に勉強させようとする。しかし、親たちの本当の目的は、世間体や見栄え、支配欲といった自分の目的を満たすために働いているのだ。親に必死に勉強しろと言われて受動的に塾に通っていた中学、高校時代の友達を思い出せばわかるだろう。自分を変えることができるのは自分しかいないのだ。

私は幸いにも、親に勉強しろと言われたことが人生で一度もない。そこに関して全く干渉されなかった。だからと言ってネグレクトだったわけではない。高校生の時は塾に行かせてくださいと自ら申し出てお金を払ってもらったし、大学受験の時もお願いだから10校受けさせてくださいと頼んだ。そしてそれを理解してくれた。差し伸べれば手が届く 、けれど自分の領域には踏み込んでこない。そんな適度な距離を保つ家庭であった。だから自ら勉強を好きになり、ハマることができたのだと思う。勉強しろなんて言う親の元にもし生まれたらと、考えただけでゾッとする。私の両親は課題の分離と言う概念は勿論知らなくとも、それを感覚的にわかっていたのだと思う。
そんな家庭環境に影響したのかはわからないが、自分はアドラー心理学のアの字も知らないにも関わらず、アドラー心理学的な思考を無意識的にしていたのかもしれない。だからここまでの哲人の言葉に同意することかできたし、自分が何故ポジティブなのか、怒らない性格なのか、という理由を体系的に理解することもできた。

途中まではそう思って読み進めていたのだが、改善すべき自分の中での課題はいくつか見つかった。一つは常に自分が人を疑う性格であるということだ。
他者を仲間だと見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられることを、共同体感覚という。そして、この共同体感覚こそ、幸福なる対人関係のあり方を考える上で最も重要な指標である。幸せになるとは、自己への執着他者への関心に切り替え、共同体感覚をもてるようになること。そこで必要になるのが自己受容他者信頼他者貢献の3つのキーワードである。
常に人を疑うという私の性格は、2つ目のキーワードである他者信頼ができていないということを意味する。他者信頼とは、他者を信じるにあたって、いっさいの条件をつけないことである。無条件で人を信じることはあまりにも難しいと思ったが、アドラー心理学の考えはここでもいたってシンプルであった。裏切るのか裏切らないのかを決めるのは、自分ではなく他者の課題であると。これも課題の分離で解決できるのである。
信頼関係を恐れていたら結局は誰とも深い関係を気付くことはできないと、確かにそうだと思う。

私は今、語学学校に通っているのですが、思い立ったら即行動、今でしょ精神で、早速今日この本に書かれていることを学校で試しまくってみた。精神論ではあるが、得られたものは非常に大きい。飽きてきていた学校も格段に楽しくなった。
ホリエモンの「ギブアンドテイクじゃなくてギブギブギブ。見返りなんか求めず、返ってきたらラッキーぐらいに思えばいいんですよ。」という発言の意味も、ようやく理解できた気がする。この発言も、「誰かの役に立てているという主観的な感覚、つまり貢献感があればそれでいい。幸福とは貢献感のことなのだ。」というアドラー心理学に基づいているのだろう。



【感想】ホリエモンとオタキングがカネに執着するおまえの生き方を変えてやる

iPhoneで本を快適に読める便利さに、早くもKindleの虜とになりました。
今日は「ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!」を購入。
これもまた面白く、一気に最後まで読んでしまった。

この本はホリエモンと岡田斗司夫さんの3度に渡るトークイベントをもとに構成、加筆された作品。
対談集なので、宇宙の話から寿命の話、最後はアニメのプロジェクトの話までテーマはいろいろ。しかし、全てのテーマはこれからのお金のあり方という点で一貫している。

岡田さんの作品を今まで読んだことがなかったので、評価経済社会という考え方は非常に新鮮だった。
岡田さんが提唱する評価経済社会とは、貨幣の代わりに評価が流通する社会のことで、これからは貨幣と商品を交換する社会から、評価影響を交換する社会になっていくだろうという考え。この評価経済が端的に表れているのが、Amazonのレビューや食べログなどの評価である。人々の行動はリーズナブルなものを選ぶという基準から、みんなの人気があって評価も高く、ここなら安心というところでモノやサービスを買うようになってきている。

そんな考えをもつ岡田さんが2010年に立ち上げた組織「オタキングex(現在名はFREEex)」があまりにもぶっ飛んだ仕組みで、衝撃を受けた。なんとこの会社では、社員が社長に給料を払うのだ。
どういうことかというと、岡田さんの試みが面白いと思った人が自主的に年間12万円を払ってオタキングexに参加し、社長である岡田さんと一緒に仕事をする。その代わり、岡田さんの仕事のギャラは全てタダにするというもの。本の印税から講演、テレビの出演料も全てノーギャラ。
自分をフリー化して拡張することで、コンテンツを気兼ねなく世界中にタダでばらまきながらも、メンバー(社員)が払う年会費で自分の生活は保障されるのだ。
「ぼくがおもしろいことさえしていれば、ぼくの経営は安定するんですよ」と岡田さん。
普通とはお金の流れる方向が逆という発想。これぞまさに現代型コペルニクス的転回。

おもしろいものはだいたいタダになる。
例えば、本当におもしろい映画は公開されて1年も経てば地上波でタダで放映される。値打ちがあるものは結局タダになり、最近はタダになるまでの期間がどんどん短くなっている。それを踏まえての、「ぼくのコンテンツは人類にとって大変に値打ちがあるものなので、タダで提供されるべきなんです笑」という岡田さんの無邪気且つ自信に満ち溢れた発言は、読んでいて非常に清々しい気持ちになった。

この本の凄いところは、この対談が(特に前半は)4年以上も前に行われたものだというのに、全く古さを感じさせないところだ。貨幣の話はそのまま昨年のビットコイン騒動につながるし、今の時代は着実に”個人の評価が流通する”評価経済へと移行している。キュレーターはその最たる例だろう。常に時代の先を見据えている2人だからこそ、このような対談ができたのだと思う。
随所に笑いあり、驚きあり、そしてお金に対して新しい視点を与えてくれる最高の作品でした。